Marshall JVM210H

Marshall JVM210H
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ヘッドアンプ

157,464※1

出力:100W

マーシャルの新しいフラッグシップ・モデル「JVM」シリーズ。その中でも全ての機能を盛り込んだ最上位「JVM410H」を、シンプルにした廉価版という位置付けなのがこの「JVM210H」です。クリーン/クランチ、オーバードライブの2チャンネル仕様。各チャンネルはゲインの低い順にグリーン・オレンジ・レッドの3モード搭載、実質6通りの音作りを行い、フットスイッチによって制御することが可能です。

まるで6台のマーシャル・バルブ・アンプが内臓されているような感覚で、クリスタルのように澄み切った究極のクリーントーンからメタルリフまで対応できるディストーションサウンドまで、幅広い音作りが可能。
また、サイレントレコーディング機能・MIDI端子・リバーブなど、JVM4から受け継いだ豊富なスペックによってライブから自宅でのレコディーングまで幅広い用途で活躍します。

■2チャンネル仕様(CLEAN/CRUNCH, OVERDRIVE)
■エミュレイテッド・ラインアウト
■各チャンネルに独立デジタル・リバーブ搭載
■MIDI(IN/THRU)
■エフェクトループ(パラレル/シリアル)
■真空管;プリ管:4×ECC83、パワー管:1×ECC83、4×EL34
■フットスイッチ:PEDL-00045
■寸法:750x310x215 mm
■重量:22 kg

(このアンプを評価してみましょう!)
Loading...

「Marshall JVM210H」に関連するレビュー・コメント

Marshall JVM210H

  1. No.2676:フルドライブ 2014年4月29日

    【アンプの魅力】
    JVMシリーズの弟分Marshall JVM210Hロックの王道がここにあります。
    設定も簡単ですので、好みのサウンドがいつでもあなたの手元に置く事が出来ます。

    【サウンド】
    クリーン シングルコイルで試奏
    飛距離のある弾けるクリーンは健在ですね。片方のチャンネルはクリーンに設定したくなるそんな魅力を持ったサウンドです。

    ドライヴサウンド ハムバッカーで試奏
    まさにマーシャルの歪みですね、心地良いミッド感はロックを愛するギタリストの基本です。
    十分な歪みの深さを持っていますので、どんなジャンルにも対応出来ます。
    しかし、やはりマーシャルを使うならハードロックを演奏して欲しい(笑)
    5弦、6弦の歪ませた状態のピッキングハーモニクスは聞いた事のある アレ そのものです。
    レスポールにマーシャル、王道と言う事はそこに確かなものがあるのです。
    エッジの効いたブリッジミュート、そして飛んで行く様なギターソロを奏でて欲しいアンプですね。

    【機材とのマッチング】
    ワウ&コーラスを繋げました。
    クリーンにコーラスを掛け、透き通る様なアルペジオを奏でる、歪ませたドライヴサウンドに全開のワウで音の洪水を作る。そんな王道が一番合うのはやはりマーシャルです。

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Marshall JVM210Hのレビューを書く

コメントを残す

ギターアンプのベストセラー

  • ※1. Marshall JVM210Hについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Marshall JVM210Hの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Marshall JVM210H」ページ上部へ