Marshall 1959SLP

Marshall 1959SLP
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ヘッドアンプ

224,640※1

出力:100W

60年代後期オリジナルモデルのプレキシ・サウンド100Wを忠実に復刻した、ロックサウンドの革命的ギターアンプ。100Wの爆音はまさに圧巻の一言、 突き抜けるようなアタックの強いハイミッド、スムースなオーバードライヴ、 まさに理想とも言えるロックギターサウンドを生み出します。

オリジナルはジミ・ヘンドリックス、ジミ・ペイジなどブリティッシュロックの巨人達が愛用していた伝説的アンプですが、当時のスペックを再現しながらも現代的な利便性を考えられた1959SLPでは、唯一の変更としてトゥルーバイパス・エフェクトループが追加されています。復刻版である1959SLPもまた数多くのビッグアーティストによって使用された名機となっています。

■コントロール:Presencem Bass, Middle, Treble, Loudness, Volume1, Volume2
■4インプット(Normalx2, Treble Boostx2)
■真空管;ECC83(12AX7)x3、EL-34x4
■エフェクトループ
■アウトプット:スピーカー出力×2
■インピーダンス:4/8/16Ω切替式
■寸法:75W×31H×21Dcm
■重量:20.5kg

使用ギタリスト

ヴァンヘイレン、ジミーペイジ、ゲイリームーア、他

(このアンプを評価してみましょう!)
Loading...

「Marshall 1959SLP」に関連するレビュー・コメント

Marshall 1959SLP

  1. No.2702:フルドライブ 2014年5月10日

    【アンプの魅力】
    古き良きマーシャルを現代に呼び戻したまさにロックなアンプです。
    操作もシンプルでわかりやすく、外観もとてもかっこ良いですね!

    【サウンド】
    クリーン ハムバッカーで試奏
    ギターの音色をギュッと締めた様な綺麗なクリーンです。
    ハムバッカーの甘さ太さを活かしてくれる、そんなクリーントーンです。
    もちろんシングルコイルでも美しさはそのままに、温かみのあるクリーンです。

    ドライヴサウンド ハムバッカーで試奏
    良いですね。私個人的な意見ですがマーシャルは JCM800 以前のトーンが凄く良いと思っているんです。このアンプはその古き良きマーシャルの系譜をしっかりと受け継いでいます。
    歪みは粘りますし、ザクザクしながらもちゃんとサスティーンもある、バッキングもソロも弾いていて気持ち良いサウンドです。
    大音量で弾くと攻撃力も上がりますし、ロックの基本がここにあります。
    そして大きな世界観を持ったアンプです。

    【他のアンプと比較して】
    スタンダードなマーシャルJCM2000と比較
    マーシャルJCM2000に比べると現代的なディストーションでは無く、アンプをフルドライヴさせた上質なオーバードライヴと言った印象ですね。

    【機材とのマッチング】
    ブースターで歪みを足して上げるとさらに幅広いジャンルへ対応出来ます。
    アンプはしっかりと作り込んでありますのでノイズも少ないです。
    非常に好印象な、時代を飛び越えて来たアンプですね。

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Marshall 1959SLPのレビューを書く

コメントを残す

ギターアンプのベストセラー

  • ※1. Marshall 1959SLPについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Marshall 1959SLPの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Marshall 1959SLP」ページ上部へ