Marshall JVM410H

Marshall JVM410H
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ヘッドアンプ

184,500※1

出力:100W

マーシャルアンプのフラッグシップ「JVMシリーズ」の中でも最上位に位置し、あらゆるシーンに対応する最もゴージャスなマーシャルの新しいスタンダードとなるのが、この「JVM410H」ヘッドアンプです。1959、JCM800、JCM2000 など歴代マーシャルのヘッドアンプを再現したサウンドが、4チャンネル x 3モード = 12種類搭載。
澄み切ったクリーントーン、ブルージーなクランチ、JCM2000のワンランク上・マーシャル史上最もハイゲインなディストーションまで、シリーズ最高峰のクオリティ・サウンドを出力。
クリーン、クランチ、リード、ソロと場面によっての使い分けに完全対応しきれます。
クランチ・チャンネルのモデル元は以下の通り

Crunch Green Mode:1959プレキシ・サウンド
Crunch Orange Mode:2203
Crunch Red Mode:JCM800

■4チャンネル仕様(Clean, Crunch, OD1, OD2)
■真空管;プリ管 ECC83 x 4、パワー管 ECC83 x 1/EL34 x 4
■コントロール:Master x2, Resonance, Presence, Reverb x4, (Volume, Bass, Middle, Treble, Gain) x4
■デジタル・リバーブ
■エフェクトループ(シリアル/パラレル)
■MIDI in/thru
■XLRアウトプットによるサイレント・レコーディング
■6way・フットスイッチ付属
■寸法:750W×310H×215Dmm
■重量:22kg

(投票数6人, 平均値:3.50)
Loading...

「Marshall JVM410H」に関連するレビュー・コメント

Marshall JVM410H

  1. No.2675:フルドライブ 2014年4月29日

    【アンプの魅力】
    マーシャルアンプで最大ゲインを誇る最強の暴れん坊Marshall JVM410Hです。
    チャンネルも多く対応力の非常に高いアンプです。現代のサウンドと古き良きサウンドを掛け合わせた様なアンプですね。

    【サウンド】
    クリーン シングルコイルで試奏
    弾け飛ぶ様な鋭角的なクリーンはまさにマーシャルのクリーンです。
    JCM800以前のマーシャルのジャキンとした感じはありませんが、現代のギタリストに対応しているのだと思います。
    又、レスポンスも速く太く鋭いサウンドを放ちます。

    ドライヴサウンド ハムバッカーで試奏
    歪みの振り幅がかなりありますので、ポップス〜メタルまで対応出来ます。
    ミッドの存在感はさすがマーシャルですね。
    バンドサウンドの中核をきっちり押さえてくれる “わかっている” アンプです。
    クランチも鋭く、シングルコイルではなくハムバッカーの太さを活かす方が向いていると感じました。
    さらに歪ませるウルトラハイゲインもそのミッド感は損なわれずしっかりとしたサウンドを提供してくれます。ローもしっかり出ていますので、【重さが足りない】とは全く思いません。

    【機材とのマッチング】
    コンプとの相性が少し鈍いかな?と感じましたが、マーシャルの良い意味での暴れるサウンドを押さえようとした私が悪いのかもしれません(笑)
    電源ケーブルを良質なものに変えるとさらに良い効果が出ますよ☆

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Marshall JVM410Hのレビューを書く

コメントを残す

ギターアンプのベストセラー

  • ※1. Marshall JVM410Hについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Marshall JVM410Hの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Marshall JVM410H」ページ上部へ