Jet City Amplification JCA20H

Jet City Amplification JCA20H
メーカー
カテゴリ ヘッドアンプ
価格 19,800※1

驚きの低価格ながらもピュアな真空管サウンドを実現、ギターアンプ界の巨匠Mike Soldano氏による渾身のヘッドアンプ。ハードウッドによる硬質な外観、20Wとなかなかの出力を持ちながら持ち運びにも便利。クリーントーンからクランチではヘッドルームはあまり広くないもののプレゼンスの効いたキラキラした音が特徴。ハードロックに最適なハイゲイン・サウンドまで対応することができます。

コントロール:
Gain/Bass/Middle/Treble/Volume/Presence

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Jet City JCA20H”]

出力 20W
仕様 ■真空管: 3x 12AX7 (プリアンプ) / 2x EL84 (パワーアンプ)
■寸法:50W×23H×23Dcm
■重量:9.6kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...
  1. No.1830:通りすがりのギタリスト 2013年7月30日

    低価格で高品質という事で、雑誌、インターネット等で話題の Jet Cityのアンプが近所の楽器店に入荷した為、試奏してみた。333というロゴマークはあまり好みではなかったが、全体的な外見はとても3万円以下のアンプとは思えない外見であった。
    店員さんの話によると有名なチューブアンプデザイナーのマイク・ソルダーノ氏が制作に関わっていて、作りも良いとの事。パーツ等は中国製のだが、回路はしっかりしているようだ。20Wのフルチューブ仕様で、非常に軽量なのでスタジオやライブハウスにも持って行きやすそうだ。
    肝心のサウンドは、真空管アンプならではのマイルドなクリーントーンを楽しむ事が出来た。ピッキングのニュアンスもしっかりと反映されているし、音の抜けも良かった。GAINをツマミの真ん中辺りまで上げるとそこそこ歪んできて、クランチっぽいサウンドでカッティングを楽しむ事が出来た。個人的にはこの位の歪みで十分なのだが、折角なのでMAXまでツマミを回してみた。マーシャルのようなハイゲインアンプではないのでガッツリ歪む事は無かったが、芯のあるドライブトーンで弾いていて気持ちが良かった。コードを弾いても音が潰れる事無く、しっかりと鳴っていたし、レスポンスも良かった。
    ハード系のギターを弾く方はエフェクターで歪みを足した方が良いかと思う。
    アンプ直結でプレイする方、ブルースやジャズ系のプレイヤーにおススメしたい。価格を考えると、フルチューブのアンプを初めて買いたいという方にも真空管アンプ入門機としておススメ出来るし、実際のライブ等での現場でも使えるだろう。結局、購入してしまったのでいつかライブをやる時にでも使いたい。

この製品のレビューを投稿する

ヘッドアンプをお探しですか?

DV MARK DV LITTLE 250M

DV MARK DV LITTLE 250M

DV LITTLEシリーズのメタルサウンド・モデル
Yamaha THR100H

Yamaha THR100H

YAMAHAの自宅練習用デスクトップ・アンプ「THR」シリーズのライブ用アンプヘッド
Marshall DSL1H

Marshall DSL1H

JCM2000のサウンドを継承した1W小型アンプヘッド
ORANGE AD30HTC

ORANGE AD30HTC

オレンジの初期定番コンボアンプ「AD30」のアンプヘッド版
Quilter 101 REVERB

Quilter 101 REVERB

小さく軽量なソリッドステート・タイプのアンプヘッド
Bugera TRIREC INFINIUM

Bugera TRIREC INFINIUM

Bugeraアンプのフラッグシップ・モデル
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。