Friedman DIRTY SHIRLEY MINI HEADクラシック・ロックのダーティなサウンドを再現したコンパクトな真空管アンプヘッド

Friedman DIRTY SHIRLEY MINI HEAD
メーカー
カテゴリ 小型アンプヘッド
発売時期 2016年
価格 191,800 (税込) ※1

FRIEDMAN DIRTY SHIRLEY MINIシリーズは、60~70年代のクラシック・ロックのダーティなサウンドがコンパクトなサイズで再現できる、20Wのフルチューブ・アンプヘッド。FRIEDMAN創業者自らの設計で、ハイゲインながらも輪郭のはっきりしたサウンドを楽しむことができます。

DIRTY SHIRLEY 40の妹分という位置付け

FRIEDMANはLAミュージック・シーンで最も有名なアンプ改造、デザインのプロフェッショナルであるデイブ・フリードマン氏が創業した、改造マーシャル系のアンプが有名なアンプ・メーカーです。このDIRTY SHIRLEY MINIシリーズの設計もフリードマン氏が行っており、90年代初頭から数々のミュージシャンのためにギター・リグをデザイン、製作してきた氏のノウハウが存分につぎ込まれています。

フリードマン氏曰く、本シリーズはDIRTY SHIRLEY 40の「妹分」という位置付けで、より小型に、軽量にモディファイされています。DIRTY SHIRLEY 40は60~70年代のブリティッシュ・クラシック・アンプのダーティな歪みを意識した40Wのアンプですが、20Wの本シリーズにもその思想はしっかりと受け継がれています。

アンプの小型化に伴い、DIRTY SHIRLEY 40では2本の5881を採用していたパワー管部についても、本シリーズでは2本のEL84に変更されています。デイブ・フリードマンは5881の特徴的なタイトなボトム・エンドとミッド・レンジを再現すべく、カスタム・メイドのコンデンサーや米国製トランスを使用し、可能な限りクリアなシグナルが得られるようにアンプを設計しました。配線は全て米国にてハンド・ワイアードで行われているほか、過酷なツアーにも耐えられるように頑強につくられています。

ハイゲイン・アンプとして設計されたシンプルなアンプ

小型ながらも3バンド・イコライザーを装備しており、音量や求めるキャラクターによって各ノブを調節します。
「BASS」は低音成分、ボトム・エンドの量を決定します。アンプの音量自体が大きくなると共に音に含まれる低音成分も多くなるため、そのような場合に少し下げることですっきりとしたサウンドを作るのに役立ちます。また、小音量で演奏する場合は7~10あたりから音作りを始めるのがよいでしょう。
「MIDDLE」中音域の調節を行うノブです。低めに設定すると中域がスクープされた、いわゆる「ドンシャリ」的なサウンドに、高く設定するとヌケのある、バンドの中でも埋もれないサウンドに変化します。
「TREBLE」は高音域の調節を行うノブで、5あたりから音作りを始め、好みに合わせて調節するとスムーズです。

なお、電源ボタンは通常のチューブ・アンプに装備されているようなSTANDBYスイッチとON/OFFスイッチの両方を役割を1つで兼ねています。真空管の寿命を延ばすため、ONにしてから1分間は信号をアンプに送らないことが推奨されており、注意が必要です。

ハイゲイン・アンプとして設計されたシングル・チャンネルのシンプルなアンプではありますが、「GAIN」と「MASTER」のコントロールによって、ブルースやクラシック・ロック、ヘヴィなサウンドのロックやメタルなど、様々なスタイルの音楽に合ったサウンドを作ることができます。 また歪みの量を大まかに調節する3-WAYの「S」トグル・スイッチも装備されていますが、これはDIRTY SHIRLEY 40には搭載されておらず、DIRTY SHIRLY MINIシリーズから搭載された新たな機能です。

全体的なサウンドとしては、FRIEDMANのアンプらしいタイトなボトム・エンドと豊かな倍音成分が特徴的です。ギターのボリューム・コントロールにも過敏に反応するため、アンプをハイゲインに設定しても、分離感、輪郭のあるサウンドを保ちます。

モダンなアンプらしく、エフェクター類とのマッチングも意識して設計されています。特にブースター、オーバー・ドライブ、フェイザー、フランジャー、トレモロ、ワウなどとの相性が抜群であり、FXループも搭載しているため、クラシカルなサウンドでありながらSEND/RETURNを利用したルーティングで演奏することができます。このFXループももちろんデイブ・フリードマンの設計によるもので、信号のロスを極力防ぎ、透明度の高いサウンドが実現できるようにカスタムされています。そのため、FRIEDMANはループに使用するケーブルを高品質なものにすることを推奨しています。

なお、FRIEDMANはこのアンプでの音作りを「BASS」=10、「MIDDLE」=6~7、「TREBLE」=5に設定してスタートすることをプレイヤーに勧めています。また、60~70年代のクラシック・ロック・サウンドが欲しい場合にはゲインを下げてマスターを上げ、よりモダンなサウンドが欲しい場合にはゲインを7~10に設定するのがよいとのことです。FRIEDMANの公式サイトでは、DIRTY SHIRLEY MINIシリーズのビデオ・チュートリアルや設定の例が公開されており、音作りに役立つ情報が集まっています。

DIRTY SHIRLEY MINI HEAD:リアパネル

出力 20W
仕様 ■コントロール:GAIN, MASTER VOLUME, BASS, MIDDLE, TREBLE, 3-WAY GAIN STRUCTURE Switch
■真空管:パワー管 … EL84 × 2、プリ管 … 12AX7 × 3
■スピーカーアウト:8, or 16Ω
■寸法:21(D) × 46(W) × 21.5(H) (cm)
■重量:9.3kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

Friedmanのギターアンプ

Friedman BE-MINI

Friedman BE-MINI

Friedmanとしては最小サイズのソリッドステート・アンプヘッド
Friedman BE-100 Deluxe

Friedman BE-100 Deluxe

改造マーシャルアンプの最高峰「BE-100」のデラックス版
Friedman RUNT-20 HEAD

Friedman RUNT-20 HEAD

Friedmanのサウンドを手に入れやすい価格で提供する20Wオールチューブ・アンプ

小型アンプヘッドをお探しですか?

Marshall DSL1H

Marshall DSL1H

JCM2000のサウンドを継承した1W小型アンプヘッド
Peavey invective MH

Peavey invective MH

Invective 120を小型・軽量にモディファイした20Wハイゲイン・アンプヘッド
ORANGE ROCKER 15 TERROR

ORANGE ROCKER 15 TERROR

ORANGEの15Wコンボ「ROCKER 15」をコンパクトなアンプヘッドにした製品
TC Electronic RH750

TC Electronic RH750

750W/1200Wピークのパワーを実現した小型アンプヘッド
MOOER Little Monster AC

MOOER Little Monster AC

30Wブリティッシュ・ビンテージトーンが得られる小型の真空管アンプヘッド
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。