HARTKE HA3500

HARTKE HA3500
メーカー
カテゴリ ベース用アンプ
価格 45,144※1

HARTKE HA3500は、演奏ニュアンスを忠実に再現するストレートなサウンド/幅広いサウンドメイクを可能にする2種類の独立したプリアンプ/操作性に優れた10バンドEQ/便利なコンプレッションを搭載するなど、優れた性能に加えコストパフォーマンスも実現し、今日ライブハウスやリハーサルスタジオに常設されることの多い、ベース用アンプヘッドの中でも最も知名度の高いモデルです。

プリアンプには真空管12AX7を搭載したチューブプリとソリッドステートの2種類を装備。チューブプリではフィンガータッチをナチュラルに増幅し、ソリッドステートでは低域から高域までフラットに増幅する、そして2つのサウンドをブレンドすることで、様々なジャンルに対応できる幅広い音作りに対応することができます。

10バンド・グラフィックEQは、10個の周波数帯域を±15dBの範囲で増減することができます。ベース初心者にとっては難関となるかもしれませんが、積極的な音作りから音質の微調節まで様々な用途で使えるでしょう。操作性と効きが良く視覚的にセッティングすることができます(EQ機能をOFFにすることもできます)。加えて10kHzを中心に±18dBの調節ができるハイパス・フィルター/100Hzを中心に±18dBの調節ができるローパス・フィルターを搭載しているので、低域・高域の最終的なバランス調節が行えます。

ベーシストにとって重要度の高いコンプレッサーが初めから搭載しているというのも本機の大きなアドバンテージです。ツマミは1つのみですが、スレッショルド値と圧縮比を同時に調節することができます。

その他、パッシブ/アクティブ・両タイプのベースが接続できるよう専用の入力端子を装備、エフェクトループ、ベースの入力信号を直接PAミキサーに送るDIRECT OUT端子、DIRECT OUTに送る信号にグラフィック・イコライザーを通すか通さないか選択するPRE/POSTスイッチを装備するなど、多彩なサウンドメイキングと共にステージパフォーマンスやレコーディングをサポートする機能を標準装備しており、圧倒的な安心感が得られます。

HARTKE HA3500:リアパネル

[tubepress mode=”tag” tagValue=” HARTKE HA3500 “]

出力 350W / 240W
仕様 ■コントロール:PREAMP(TUBE, SOLID STATE)、COMPRESSION、GRAPHIC EQUALIZER(30Hz/64Hz/125Hz/250Hz/500Hz/1kHz/2kHz/3kHz/5kHz/8kHz)、CONTOUR(LOW PASS, HIGH PASS)、MASTER VOLUME
■接続端子:INPUT(ACCTIVE/PASSIVE)、SPEAKER OUTPUT A/B(4Ω/8Ω/16Ω)、SEND/RETURN、BALANCE、DIRECT OUT、PRE/POSTスイッチ、NORMAL/GND LIFTスイッチ
■寸法:100(H)×440(W)×330(D)mm
■重量:15.3 kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

Hartkeのギターアンプ

Hartke ACR5

Hartke ACR5

各チャンネルにコーラスとリバーブエフェクトを搭載したアコギ用アンプ
HARTKE Kickback KB15

HARTKE Kickback KB15

ステージでのモニタリングに最適な小型ベース用コンボアンプ
HARTKE HA2500

HARTKE HA2500

定番「HARTKE HA3500」のハイ・コストパフォーマンスモデル

ベース用アンプをお探しですか?

Ampeg BA-110 V2

Ampeg BA-110 V2

アンペグのエントリークラス「BA」シリーズのコンボアンプ「BA-110」のリニューアルモデル
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。