Electro Harmonix MIG-50Sovtek期の同名モデルをモディファイしたツイード・ベースマン系のアンプヘッド

Electro Harmonix MIG-50
メーカー
カテゴリ ヘッドアンプ
発売時期 2021年12月
価格 112,750 (税込) ※1

Electro Harmonix MIG-50は、Sovtek期の同名モデルを現代の技術で忠実に復刻、モディファイしたツイード・ベースマン系のアンプヘッドです。手作業で米国にて組み立てられていますが非常に手に入れやすい価格で、コストパフォーマンスに優れたモデルです。


1990年代、Electro Harmonix社はSovtekブランドからロシアを製造拠点としたエフェクターなどの製品を販売していましたが、そのラインナップの中にあったアンプがMIG-50です。MIG-50はFender Bassman系のアンプで、ファンの間では同じくBassmanをルーツに持つヴィンテージ・マーシャルのような音色であるという評価も散見されます。
Bassmanのようなリッチでメロウなトーン、ハーモニクスが特徴で、オリジナルのMIG-50を忠実に再現しつつも、現代のElectro Harmonix流の強化を加えて設計されており、組み立てはニューヨークで手作業によって行われています。


INPUT 1はノーマルチャンネル、INPUT 2はブライト/ハイゲインチャンネルの計2チャンネルで、ボリュームコントロールはそれぞれのチャンネルに独立して装備されています。
「TREBLE」、「MIDDLE」、「BASS」、「PRESENCE」のトーン系のコントロールは共通となっています。


電源の電圧は100から230Vまで対応しており、真空管の外部バイアスコントロールも装備しています。

出力 50W
仕様 ■コントロール:TREBLE, MIDDLE, BASS, PRESENCE(共通), チャンネル別ボリューム
■電源:100~230V
■真空管:
パワー管=2 × Tung-Sol 5881
プリ管=3 × Tung-Sol 12AX7
■スピーカーアウト:4, 8, 16Ω
■寸法:50.0 (w) x 24.1 (l) x 20.3 (h) (cm)
■重量:17.5kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

Electro Harmonixのギターアンプ

関連する音楽機材は今のところありません

ヘッドアンプをお探しですか?

Marshall 1959SLP

Marshall 1959SLP

ロックギターアンプの決定版「1959SLP」の復刻モデル
ENGL Savage 120 Mark ll

ENGL Savage 120 Mark ll

ENGLを代表する120Wアンプヘッド
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。