Mesa Boogie Triple Crown TC-100

Mesa Boogie Triple Crown TC-100
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


ヘッドアンプ

330,000※1

発売時期:2018年1月

出力:100W

2016年末に発表された「Triple Crown TC-50」は、Dual Rectifierを生み出したMESA Boogieの「もう一つの側面」として高い評価を得た、完全独立3チャンネル/50W出力/MIDI/キャビネットシミュレータ対応のフルチューブアンプヘッド。今回登場した「TC-100」はさらに出力と機能面を押し進めたモデルとなっています。

「Triple Crown TC-50」はDual Rectifierとは違った新しい回路を搭載した設計で、3チャンネルを使い分けて、Fenderアンプを彷彿とさせる元気で弾けるようなクリーントーン/野太い壁のようなクランチサウンド/豊かな倍音を持つキメ細かいハイゲインと、ブティック・ハイゲインアンプにも劣らない上質なトーンが得られるアンプです。
「Triple Crown TC-100」は基本設計やプリアンプの構造は「TC-50」と同様となっており、上記のようなサウンドが得られる完全独立3チャンネル仕様で、寸法も同様です。各チャンネルごとにノーマル・モード/ドライブ・モードが選択できる他、キャビネット・シミュレーターによって自宅レコーディングにも対応、バイアス調整なしでパワー管を交換できるバイアス・セレクト・スイッチ搭載、MIDI機能などが「TC-50」から継承されています。
また付属の6ボタン・フットスイッチの操作によってチャンネル切替、オール・チューブ・スプリング・リバーブのON/OFF、エフェクトループのON/OFF、ソロ・レベルのコントロールが可能です。

「TC-100」では新たに各チャンネル毎にMulti-Soakパワー・アッテネーターを装備。出力を100W/50W/20W/7W/3Wと切り替えることが可能となりました。
「TC-50」は50W固定でしたが、「TC-100」ではライブでの使用はもちろん出力を下げての自宅練習にも対応できます。
ヘッドとラックマウントヘッドの2モデルが用意されています。

■コントロール:(Gain、Master、Reverb、Bass、Mid、Treble、Presence、モード切替スイッチ、Multi-Soak)x3、Solo ブースト、Output
■接続端子:エフェクトループ、MIDI In / Out、キャビネットシミュレーターCabClone、ヘッドフォン出力、ライン出力
■真空管(プリ管):12AX7 x 6、12AT7 x 1
■真空管(パワー管):EL34 x 4
■寸法:57.8(W)×26.4(D)×24.5(H)cm
■重量:20.9kg

(このアンプを評価してみましょう!)
Loading...

「Mesa Boogie Triple Crown TC-100」に関連するレビュー・コメント

Mesa Boogie Triple Crown TC-100の最初のレビューを書き込んでください!

R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Mesa Boogie Triple Crown TC-100のレビューを書く

コメントを残す

ギターアンプのベストセラー

  • ※1. Mesa Boogie Triple Crown TC-100について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Mesa Boogie Triple Crown TC-100の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Mesa Boogie Triple Crown TC-100」ページ上部へ