PEAVEY Classic20 MH

PEAVEY Classic20 MH
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


ヘッドアンプ

64,584※1

発売時期:2017年7月

出力:20/5/1W

Classic20 MHは、パワー管にEL-84を採用したPEAVEY Classicシリーズのコンパクトな小型アンプヘッド。ハイゲインアンプのイメージが強いアメリカのブランド「PEAVEY」ですが、Classicシリーズではクラシカルなルックスのイメージ通り、ヴィンテージライクなクリーントーン/クランチ/パワフルなドライブと、王道のアメリカン・ロック・サウンドが得られるアンプヘッドとなっています。

同じくPEAVEYのミニアンプヘッド「6505MH」と比較してみましょう。
6505MHがハイゲインを強みにしているのに対して、Classic20 MHはブルース/カントリー/クラシックロックなど、アメリカン・ロックミュージックに適したサウンドが特徴的です。
20W出力が基本ですが、ボディ背面の出力切替スイッチによって5W、1Wと出力変更変更できるのも共通しています。ヘッドフォン出力、マイクシミュレート機能のXLR/USB出力も両機種に搭載されており、ステージだけでなく自宅での練習やUSBレコーディングに利用できるように設計されています。
XLR OUTはPeavey独自のMSDI機能(12インチスピーカーから20cmほど離したマイクで録音した音をシミュレート)を搭載、良質なサウンドでレコーディングできます。
真空管構成、EQを共有する2チャンネル仕様という点も同様ですね。パワー管の寿命を確認できるTSI機能も搭載され(LEDがグリーン時は正常、レッド時は高消耗)、真空管の替え時をお知らせしてくれます。
リーズナブルな価格帯も魅力の一つですが、Classic20 MHも同程度の価格帯となっており、アンプヘッドとしてはお手頃です。

Classic20 MHの基本的なサウンドは、PEAVEYのコンボアンプ「Delta Blues 115 Tweed」を元にして作られています。2つのチャンネル両方にブースター機能を搭載、付属のフットスイッチでON/OFFが可能となっており、クリーン/クランチにそれぞれリードトーンを含めた4チャンネルのように扱うこともできます。リバーブ・エフェクト、エフェクトループについてもフットスイッチで操作できます。

■コントロール:VOLUME, PRE, POST, BASS, MIDDLE, TREBLE, REVERB
■エフェクトループ
■リバーブ
■真空管:【プリアンプチューブ】12AX7/ECC83 ×3、【パワーアンプチューブ】EL84 ×2
■スピーカー:8Ω / 16Ω
■接続端子:マイクシミュレート・アナログ出力(XLR)、マイクシミュレート・デジタル出力(USB)、スピーカーアウト(標準フォン)、ヘッドフォンアウト(ステレオミニ)、Speaker Defeat スイッチ、USB
■付属:フットスイッチ
■寸法:336(W)×314(D)×492(H)mm
■重量:7.6kg

(このアンプを評価してみましょう!)
Loading...

「PEAVEY Classic20 MH」に関連するレビュー・コメント

PEAVEY Classic20 MHの最初のレビューを書き込んでください!

PEAVEY Classic20 MH を...

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを投稿する

コメントを残す

ギターアンプのベストセラー

  • ※1. PEAVEY Classic20 MHについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • PEAVEY Classic20 MHの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「PEAVEY Classic20 MH」ページ上部へ