Ampeg BA-210 Ver.2

Ampeg BA-210 Ver.2
メーカー
カテゴリ コンボアンプ , ベース用アンプ
発売時期 2015年3月
価格 71,064※1

Ampeg BA-210 Ver.2 は、伝統的なアンペグサウンドを継承した最大出力 283W のコンボ・ベースアンプです。本機は10インチの同社オリジナルスピーカーを2基、1インチツィーターを1基搭載しています。単体では最大283Wの出力となりますが、外部スピーカーキャビネット(8Ω)と接続することで、最大450Wの大出力にすることも可能です。

本機のキャビネットには厚さ15mmのポプラ材を採用しています。堅牢なキャビネットでありがらも、本体重量は20kgと比較的軽量なので、どこへでも持ち運ぶことが可能です。さらに、本体を横倒しにすることで、モニターアンプ的な使い方もできます。
また、ミュージックプレイヤーなどを接続することでオーディオを鳴らすことができるAUX In端子を搭載。楽曲に合わせて練習できる他、ヘッドフォン・アウト端子も備えているので、音が出せない夜間でも練習することができます。

フロントパネルのコントロールに関しては、アクティヴベース用の-15dBスイッチ、音量レベルを調整するVolume、Bass, Mid, Trebleなどの3バンドEQ、Ultra Lo/Hiスイッチ、HFミュートスイッチ、外部音源の音量レベルを調整するAUX Levelとったスイッチ及びツマミを備えています。

そして本機種には、ベース・スクランブラーという同社SVTシリーズの歪みを再現したオーバードライブが搭載されています。フロントパネル左側に歪み量を調整するDrive、歪みと原音をブレンドするBlendといった2つのツマミが用意されています。
原音を歪ませるのではなく、歪みを生成して加えるという仕組みなので、音が細くなることはありません。自宅練習からライブパフォーマンスまで、幅広い場面で活躍するモデルです。

出力 283W / 450W
仕様 ■コントロール:Drive,Blend,Volume,Bass,Mid,Treble,AUX Level,-15dBスイッチ, Ultra Lo/Hiスイッチ,HFミュートスイッチ
■入出力:Input,AUX In,Send/Return,Phones,FootSwitch,Speaker Out(8Ω), Line Out
■スピーカー:2 × 10" speaker, 4Ω 1 x 1” Piezo HF Tweeter
■寸法:W50.8cm×D38.1cm×H63.0cm
■重量:21.8kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

Ampegのギターアンプ

Ampeg BA-110 V2

Ampeg BA-110 V2

アンペグのエントリークラス「BA」シリーズのコンボアンプ「BA-110」のリニューアルモデル
AMPEG BA-108 V2

AMPEG BA-108 V2

伝統的なアンペグ・トーンを継承したBAシリーズの小型ベース用コンボアンプ

コンボアンプをお探しですか?

Roland AC-33

Roland AC-33

「AC」シリーズ最小のステレオ・アンプ
Suhr Amps Bella

Suhr Amps Bella

高級感あるルックスとワイドレンジなアメリカン・サウンドを特徴とする真空管コンボアンプ

ベース用アンプをお探しですか?

TC Electronic BH550

TC Electronic BH550

小型・軽量ベース用アンプヘッド「BH250」のパワーアップモデル
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。