Two Notes Torpedo Captor Xロードボックス/アッテネーター/キャビネット・シミュレータ/IR機能を搭載した、リアルアンプのラインアウト機器

Two Notes Torpedo Captor X
メーカー
カテゴリ キャビネット , ロードボックス
発売時期 2020年6月
価格 74,800※1

Torpedo Captor Xは、真空管アンプから音を出さずにレコーディングできるロードボックス/アッテネーター「Torpedo Captor」に、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能、さらにエフェクトを加えたモデルです。

従来製品「Torpedo Captor」と同様のサイズ感と筐体、そして基本性能を継承。
Torpedo Captor X でできることを順に見ていきましょう。

8Ωロードボックス

本機をアンプのスピーカー・アウトに繋げば、キャビネットを繋がなくても、真空管アンプをキャビネットに繋いだ時のような「本物のスピーカー・キャビネットのような音」を出力できます。小音量・無音で使うことができるため、昼夜時間を問わず自分の好きな時間に録音作業ができます。

アッテネーター

スピーカー・キャビネットを使っている時、キャビネットから出る音音量を小さくできる機能です。真空管アンプを大音量で鳴らした時のサウンドは何物にも代えがたいですが、環境にあわせて小音量にしなくてはならない場合でも、最高のサウンドで演奏できます。-20dB / -38dB の2段階の設定が可能、ステージや自宅など環境にあわせてセッティングできます。

バーチャル・キャビネット

「Torpedo Captor X」から搭載される新機能。
スピーカー・シミュレート機能によって、32個のバーチャル・キャビネットが利用可能。集音マイクは8本の中から最大2本を選んでマイク位置を設定することもできます。Two notesのサイトで追加のキャビネットを購入することもできます。

また512種類のIRデータが用意され、パソコンのTorpedo Remoteアプリでデータを読み込んで使うことが可能。好みのサードパーティIRを使うこともできます。

ギターキャビネットは以下

  • Angl Pro30:Engl 4×12″Celestion Vintage 30
  • Angl VintC:Engl 4×12″
  • BDeLuxe:Fender Blues Deluxe
  • Brit 65O:Marshall 1965A 4×10″ Celestion G10L-35 open back
  • Brit VintC:Marshall Slash Signature 4×12″ with Celestion V30
  • Calif StdC :Mesa/Boogie Rectifier Standard 4×12″ Celestion V30 closed back
  • Eddie:Peavey 5150 2×12″ Sheffield 1200
  • Eggbeater:Egnater Tourmaster cabinet
  • FastBack:4×12″ cabinet with Celestion Pre-Rola G12M Greenback
  • Forest:Elmwood 2×12″ cabinet with Celestion V30
  • Free Rock2:VHT Deliverance 2×12 Eminence P50E
  • GreenArtC:Marshall 4×12″ for JMP Amplifier
  • GreenTri:Hughes&Kettner Triamp 4×12″ with Celestion Greenback
  • Jazz120:Vintage Roland JC120 2×12″
  • JubilGreen:Marshall 2556AV 2×12″ Celestion Greenback
  • Kerozen:Diezel 4×12″ Celestion G12K-100
  • RackHeroJP:Custom Audio Amplifier 2×12″ with Celestion Vintage 30
  • Rand RD412:Randall Signature Series 4×12″ angled with Celestion Greenback
  • SilverJen:Fender Twin Reverb® 2×12″ with Jensen speakers
  • StrongBack:VHT Fat Bottom series cabinet P50E speaker
  • Tanger 30C:PPC112HP 1×12″ Orange with Celestion Vintage 30
  • The One:Brunetti Neo1512 1×15″ + 1×12″
  • Vibro V30:Vintage 1961 Fender Vibrolux 1×12″ Celestion V30
  • Voice 30:Original Vox AC30 JMI 2×12″ Celestion Silver Bell
  • Watt FanC:Hiwatt 2×12″ Fane closed back
  • XTCab:Bogner 4×12″ Celestion V30

ベースキャビネットは以下

  • AluXL:Hartke XL 4×10″
  • Bull Neo2:2×10“ cabinet
  • Fridge9:Ampeg 9×10″
  • Heaven Top:David Eden 4×10″ Markbass 2×10
  • Marco:Markbass 2×10″
  • New York:Markbass 4×6″

マイクは以下を用意しています。

  • Dyn 57:ダイナミック・マイク Shure SM57
  • Dyn 421:ダイナミック・マイク Sennheiser MD421
  • Knightfall:コンデンサー・マイク Blue Dragonfly
  • Cnd 87:コンデンサー・マイク Neumann U87
  • Rbn160:リボン・マイク Beyerdynamic M160N
  • Rbn121:リボン・マイク ruban Royer R121
  • Dyn Bass 20:ダイナミック・マイク Electrovoice RE20
  • Dyn Bass 52:ダイナミック・マイク Shure Beta52

エフェクト

「Torpedo Captor X」から搭載される新機能。
ノイズゲート、EQ(1バンド)、エンハンサー、リバーブ、ツイン・トラッカー(ダブル・トラックを自動で行う)といったエフェクトを搭載し、トーンに磨きをかけます。

その他

XLR端子はステレオ/デュアルモノを選択可能、MIDI対応。
上述のようにパソコン/スマホやタブレットから様々な設定を行うことができます。

Torpedo Captor X

仕様 ■コントロール:CLIP LED、OUT LEVEL、VOICING、SPACE、PHONES、IN LEVEL、PRESET、GNDスイッチ
■接続端子:OUTPUTS、MIDI IN、USB、SPEAKER OUT、SPEAKER IN
■寸法:128 x 175 x 64 mm
■重量:1.3kg

製品レビュー

(このアンプを評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

Two Notesのギターアンプ

Two Notes Torpedo C.A.B. M

Two Notes Torpedo C.A.B. M

ペダルタイプのスピーカー・キャビネット・シミュレーター
Two Notes Torpedo Live

Two Notes Torpedo Live

アンプシミュレーターでは得られない本物の音を実現するスピーカーシミューター+ロードボックス

キャビネットをお探しですか?

BOSS WAZA Tube Amp Expander

BOSS WAZA Tube Amp Expander

ライブ/レコーディングで活用できる多機能な真空管アンプ専用ロードボックス
Marshall MX series

Marshall MX series

Celestine製スピーカーを搭載した低コストな キャビネット
KEMPER Kabinet

KEMPER Kabinet

ケンパーの、ケンパーによる、ケンパーのためのキャビネット

ロードボックスをお探しですか?

Two Notes Torpedo Live

Two Notes Torpedo Live

アンプシミュレーターでは得られない本物の音を実現するスピーカーシミューター+ロードボックス
Two Notes Torpedo Captor X

Two Notes Torpedo Captor X

ロードボックス/アッテネーター/キャビネット・シミュレータ/IR機能を搭載した、リアルアンプのラインアウト機器
Suhr REACTIVE LOAD I.R

Suhr REACTIVE LOAD I.R

IRキャビネットシミュレーター搭載のロードボックス
BOSS WAZA Tube Amp Expander

BOSS WAZA Tube Amp Expander

ライブ/レコーディングで活用できる多機能な真空管アンプ専用ロードボックス
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。