Fender Hot Rod Deluxe IVパワー感を求めるギタリストにとって最適な40Wコンボアンプ

Fender Hot Rod Deluxe IV
メーカー
カテゴリ コンボアンプ
発売時期 2020年5月21日
価格 99,000※1

世界で最も愛されているチューブ・アンプ、HOT ROD DELUXE。ジャンルを選ばないこのアンプは、数えきれないギタリストたちに愛用されてきました。3チャンネルのホット・ロッド・チューブ・プリアンプと、マッチングをとったグルーブ・チューブ6L6をペア使用したパワー・アンプとを組合わせ、40Wの出力を供給。

12インチのフェンダー・スペシャル・デザインのスピーカーをシングルで使用、十分なガッツと音量、カラッと明るく澄んだクリーントーン、メタル以外の音楽には十分に対応できるオーバードライブ、フェンダーらしさもありながら現代的なサウンドが特徴、ヌケのよいアンプです。
しっとりとしたスプリング・リバーブも必聴。

2020年5月に登場した「IV」では、アンプ回路やリバーブコンポーネント、外装にアップデートが加えられています。

出力 40W
仕様 ■コントロール:VOLUME , DRIVE , Treble/Bass/Middle , Master , Reverb , Presence
■スイッチ:Normal/Brightスイッチ , More Driveスイッチ
■真空管 : 3 x 12AX7(Pre), 2 x 6L6(Power)
■スピーカー:12インチ Celestion A-Type x1
■純正フェンダー・リヴァーブ搭載
■フットスイッチ
■入出力:Pre Amp Out/Power Amp In

製品レビュー

(評価:11人, 平均値:3.36)
読み込み中...
  1. No.2614:しろ 2014年3月6日

    キャスターをつけての使用です。
    畳部屋での使用では特に低音部分が逃げてしまっている状態でしたが、
    アンプの大きさに合わせたウレタンマットとキャスター皿を敷くと音が前に飛ぶようになりました。

    プリ管はエレクトロハーモニクス製の12AX7が3つ、
    パワー管6L6が2つでそれぞれGROOVE TUBES製のオールチューブ、
    スピーカーは1つでEMINENCE製となっています。
    裏側にはスピーカーアウト端子があり、同じく本体裏の下にはスプリングリバーブがあり、黒い布のようなものが丁寧にかけられています。
    個人的に便利と思うのが、裏側のバックパネルそのものにはコントロール端子などが無いので、
    パネルを取り外すだけで基盤や真空管にアクセス出来るので配線などに煩わされる事なく簡単にメンテナンスやカスタマイズをする事が出来そうです。

    コントロールノブはコントロールポットにマイナスネジで留められているので、
    ノブ交換、掃除なども楽になっています。
    特にコントロール部の下の面はミラー状になっていて汚れが目立ちやすいので、
    掃除する時にありがたい配慮となっています。

    ただボリュームコントロール部の右端にある電源ON/OFFとSTANDBYのレバースイッチになっているので、
    手などが当たってスイッチが切り替わってしまう恐れがあるので心配です。

    主にフルアコとの組み合わせでクリーントーン中心での使用ですが、
    美しいサウンドというより、
    リアリティのある明瞭なサウンドといった感じです。
    より明るいサウンドが欲しい為、NORMALとBRIGHTスイッチで切り替えていますが、
    しっかりとBRIGHTなサウンドが効いてくれる上、NORMALの時よりコードの分離感が出てきます。
    このBRIGHTなサウンドはファンク、R&Bなどのコードカッティング、単音カッティングにも良いと思います。

    ドライブはややコンプ感があるような感じでロックなどのバッキングにマッチすると思います。
    これはFENDERっぽくない歪みで個人的にはリードでの使用は厳しいように思えます。
    そこでアンプのコントロール部にあるMOREDRIVE切り替えスイッチか、
    付属しているフットスイッチを踏む事でより歪みが増したサウンドが得られますので、
    フットスイッチによってブーストする感覚でリード時にサウンドを盛り上げる事が出来、
    エフェクター無しでもこのアンプだけバッキングとリードを明確に使い分けれると思います。

    スプリングリバーブはアナログ感満載のものですが、
    リバーブOFFの時の明瞭なサウンドから、鳴らした音に対して溶け込むようなリバーブになっています。

    まさにオールマイティで現代的なサウンドにも対応出来ると思います。

    またこのアンプに限らず、
    音録りする時にマイキングする際にはiPhoneなどのライトを使って、
    アンプ前面のグリルクロス(網部分)を照らすと中のスピーカーの位置が見えてマイキングがしやすくなります。

    FENDERのロゴだけが入っているシンプルでカッコいい黒いアンプカバーもついていますので、
    使わない時はカバーをかけて眺めているだけで楽しい気分になります。

    4
    2

この製品のレビューを投稿する

Fenderのギターアンプ

Fender Hot Rod Deville 212 IV

Fender Hot Rod Deville 212 IV

オールジャンルで極上のフェンダートーンを奏でられる⼤定番アンプシリーズ
Fender Mustang GTX50

Fender Mustang GTX50

デジタルギターアンプ「Mustang GTシリーズ」のアップデートモデル
Fender 64 Custom Princeton Reverb

Fender 64 Custom Princeton Reverb

小型コンボアンプ「Princeton Reverb」のハンドワイヤード復刻版
Fender Tone Master Deluxe Reverb

Fender Tone Master Deluxe Reverb

伝統的なフェンダーアンプ「Deluxe Reverb」のサウンドを忠実に再現したデジタルアンプ
Fender Tone Master Twin Reverb

Fender Tone Master Twin Reverb

フェンダーの代名詞的アンプ「Twin Reverb」のサウンドを忠実に再現したデジタルアンプ
Fender Mustang LT25

Fender Mustang LT25

アンプサウンド20種類、エフェクト25種類を収録。初めてのギターアンプにも最適な小型デジタルアンプ

コンボアンプをお探しですか?

Blackstar HT-5R

Blackstar HT-5R

世界的人気を誇る小型コンボアンプ「HT-5」のリバーブ搭載モデル
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。